原状回復・敷金返金を解説

お部屋探し・賃貸物件比較


お部屋探し・賃貸物件比較NAVI賃貸の疑問Q&A > 敷金の返金、原状回復とは

 敷金の返金、原状回復とは

 敷金は、設備・備品の破損や損傷が無ければ、大抵の場合は

返金されます。金額については、メンテナンスの規模によりますので

一概には言えませんが、マイナスになることは通常あり得ません。


 しかし残念なことに、敷金をめぐるトラブルが大変多いのも事実です。

明細の金額が妥当で無い場合は、先ず不動産・仲介業者に相談して

交渉してもらいましょう。しかし不動産・仲介業者にとって、貸主は

大事な顧客です。トラブルは極力避けたいところですよね。


 一方、借主も顧客ですが、こちらは去る身。こちらが不利になるのは必至。

どうしても納得する結果とならない場合は、訴訟もひとつの手です。


 敷金の返金は、借主が退去後にメンテナンスが完了してから

行われます。一口にメンテナンスと言っても、業者が異なる場合も

あるでしょうし、大掛かりななリフォームをする事だってあります。

一般的な目安は1ヶ月程度です。


 原状回復は借主の故意や過失による破損などは別として、

長期間の居住によって発生したいわゆる経年劣化については

原状回復=借主の負担で入居時の状態に戻す」とはならないのです。


 貸主の負担になります。この定義を知ってか知らずか、

敷金返還トラブルに発展していまうケースが多々あります。

家賃交渉について契約更新について


お部屋探し・賃貸物件比較NAVI賃貸の疑問Q&A > 敷金の返金、原状回復とは



copyright 39navi.com all rights reserved.
当サイトは厳選した情報を公開しておりますが、万が一ご利用により不利益が生じた場合がありましても、一切の責任を負わないものとします。
また、当サイトのコンテンツに関して、無断転載は厳禁とさせて頂きます。 発見した場合は予告なく公表等、相応の対応を致します。

女王蜂