入居までの流れ!賃貸の基礎知識

お部屋探し・賃貸物件比較


お部屋探し・賃貸物件比較NAVI賃貸の基礎知識 > 入居までの流れ

 入居までの流れ

 一般的な入居までのフローです。


1.賃貸条件の整理

 家賃や地域などおおかたの条件を整理しておきましょう。


2.不動産仲介業者の選定

 数ある仲介業者から、訪問する業者を絞りこみます。

大手上場企業から小規模の有限会社まで業者は多数存在します。

賃貸比較サイトや口コミサイトから情報を収集することを

強くお勧めします。名前を良く聞くから安心、とは言い切れません。


3.賃貸物件の見学

 不動産仲介業者に希望条件に見合う賃貸物件を紹介してもらいます。

その中から気になる物件を見学しましょう。

最近は、画像はもとより動画で部屋の様子を見せてくれる仲介業者

もあるのでイメージが掴みやすく、効率的に探せるでしょう。

しかし、実際訪れてみないことには始まりません。見学時に確認すべき

ポイントは、「物件見学時のポイント」をチェックしてみてください。


4.賃貸借契約

 物件が決定したら、賃貸借契約を行います。

(事前に、貸主の審査がある場合もあります。)

賃貸借契約を行うにあたり、住民票や身分証、印鑑、

連帯保証人の印鑑証明など様々な書類が必要となります。

賃貸借契約の際に入居日も決定します。


5.初期費用の支払い

 賃貸契約と同じタイミングで行う場合もありますが、

手付け金を支払い、後日定められて期限までに

初期費用を不動産仲介業者へ支払うのが一般的です。

初期費用とは、家賃2ヶ月分、共益費(管理費)、敷金、礼金、

清掃費などが含まれ、その総額を指します。


6.入居

 いよいよ新たな生活のスタート。

電気、ガス、水道、プロバイダ等の手続き、免許証やクレジットカードの

住所変更、役所での転入届け等必要な手続きを行いましょう。

間取りの種類とは賃貸契約の総額


お部屋探し・賃貸物件比較NAVI賃貸の基礎知識 > 入居までの流れ



copyright 39navi.com all rights reserved.
当サイトは厳選した情報を公開しておりますが、万が一ご利用により不利益が生じた場合がありましても、一切の責任を負わないものとします。
また、当サイトのコンテンツに関して、無断転載は厳禁とさせて頂きます。 発見した場合は予告なく公表等、相応の対応を致します。

女王蜂