宅建取引主任者を解説

お部屋探し・賃貸物件比較


お部屋探し・賃貸物件比較NAVI賃貸の基礎知識 > 宅建取引主任者とは

 宅建取引主任者とは

 不動産仲介業者で、物件を決めて賃貸借契約を行う際に、

営業マンから「重要事項説明のため宅建取引主任者より

説明させて頂きます。」と言われた経験はありませんか?


 宅建取引主任者とは、不動産賃貸業で活かされる資格であり、

賃貸借契約において絶対に必要な存在です。


 宅建取引主任者は、宅建建物取引主任者試験に合格後に

資格登録を行い、取引主任者証の交付を受けている必要があります。


 宅建建物取引主任者の資格登録には実務経験や講習受講が必要であり、

宅建建物取引主任者試験に合格したらすぐに宅建取引主任者として

認められるものではありません。


 宅建取引主任者は、賃貸借契約において「重要事項の説明」を行うことが

出来ます。借主に対する賃貸契約の説明(禁止・制限事項など法律に基づく説明)

が重要事項の説明にあたります。

連帯保証人とは元付け業者とは


お部屋探し・賃貸物件比較NAVI賃貸の基礎知識 > 宅建取引主任者とは



copyright 39navi.com all rights reserved.
当サイトは厳選した情報を公開しておりますが、万が一ご利用により不利益が生じた場合がありましても、一切の責任を負わないものとします。
また、当サイトのコンテンツに関して、無断転載は厳禁とさせて頂きます。 発見した場合は予告なく公表等、相応の対応を致します。

女王蜂